銀行印を管理する

印鑑9

今、はんこ屋さんには、いろいろなカラフルな素材の印鑑が販売されています。結構、最近では印鑑を買うというのも楽しいことであり、ファッションの意識をもって印鑑を購入することも出来ます。それぞれの銀行に対して、それぞれの違う色・素材の印鑑を出来れば購入していただきたいのです。

そして、一つ一つの銀行をしっかり印鑑の視点で管理をしましょう。

しかし、それが難しいという人たちは、いくつか印鑑を銀行にもっていき、印影で確認をすればいいまでです。どうしても区別がつかないという場合だって、対処の方法などいくらだって見付けることが出来ます。

いろいろ銀行印を持つというのも、管理の面でデメリットがあるというのも事実かもしれません。しっかり管理出来ないという人たちは、銀行印は、銀行以外使用しないと決めることが出来れば良いです。

最低、印鑑に対して、その程度のモチベーションはしなければなりません。そのためには、銀行印と実印がどう違うのかしっかり役割についても理解しておく必要があります。銀行印というものがあり、実印というものがあります。

実印とはいうものは、住民登録をしている市町村の役所に印鑑登録を行なったはんこのことです。

関連記事:複製のリスクを回避